blogramランキング参加中! 投票ボタンです→blogram投票ボタン

2006年08月31日

8月も終わり

昨日からちょっと涼しい。

奈良のいいところって熱帯夜が大阪の半分ってとこやね

エアコンの無かった子供時代を大阪で暮らしたから夏の大阪の暑さはいやと

いうほど知ってる。風がピタッと止まってしまうのよ。

160_603811.jpg

のびたとしずかのおかあさんも今日は気持ちよさそうやね。


posted by オバッカム at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | にゃんこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

苦手 かご編み

ものすごい雨が降っています。かみなりもなってます。
粘土同様苦手なんですがかごでも編んでみます

160_604811.jpg

濡らさないと編めないって最近まで知らなかったんです。

160_605111.jpg

しっかり濡らすと意外と楽に編めるんだね

160_605611.jpg

最後の始末の仕方がわからないので切ってボンドでとめただけです

160_606211.jpg

作品はまだまだ荒れ放題です。
ドールハウス版片付けられない女。どうしょう

160_606311.jpg
posted by オバッカム at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ドールハウス・ミニチュア・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

ちょっともち直したみたい

ちょっと元気のなかったにがうりですが少しもち直したみたい

160_603611.jpg

また実がつきだし

160_603511.jpg

かきわけてさがしてこれだけとれた

160_602511.jpg

色はうすいけど、みずみずしい

posted by オバッカム at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | にがうり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

ローゼンソールさん 安らかに

終戦記念日に硫黄島の事を書きましたがその硫黄島にアメリカ軍が上陸して

5日目、島の南端のすり鉢山に星条旗が上げられ、あのもっとも有名な写真

が撮られました。切手になり、レリーフになり、アーリントン墓地の銅像に

もなっているあの写真を撮ったジョー・ローゼンソール氏(報道カメラマ

ン)が20日、米サンフランシスコ郊外で老衰のため94歳で亡くなったと

ニュースで知りました。ご冥福を祈ります

R.F.ニューカムの戦記硫黄島によると、ピュリツァー賞を受賞したこの

写真の旗は実は本物ではなく本物は2時間前に別の小さい旗が揚げられてい

るのです。そのときの写真を撮ったのはルイス・ロウリー軍曹でシャッター

を押した瞬間日本兵二名が手榴弾を投げ日本刀をひっさげて星条旗に突撃し

米兵に撃たれています。この旗こそ本物の硫黄島の星条旗なのです。戦記に

は「畜生、誰かがあの旗をほしがるだろうな」「しかしあれをやるんじゃない

ぞ。あれはわれわれみんなの旗だ。もう一つ旗を出してそれとかえろ。最初

の旗を早くこっちにもってこい」「もっと大きい旗を上げるんだ。これは記念

品にするのさ」と書かれています。ローゼンソール氏がすり鉢山の頂上に達し

たときは、はじめの旗を降ろしているときだったのです。そして二回目の星

条旗が揚げられてあのもっとも有名な写真が撮られたのです。それにしても

生きるか死ぬかの戦争のさなかでも人間は希少性あるものを欲しがるんです

ね。また旗に対する思いは日本軍にとっても大変重いものだったようです。

最後、火炎放射器で北の岬に追い詰められた日本軍は「軍旗はいつまで安全で

あるか」「おそらく一日でしょう」「軍旗を焼きなさい。敵の手に軍旗を渡して

はならない」「軍旗を焼いていますさようなら」と書かれています。えらい軍人

さん達は軍旗にこだわらず降伏することはできなかったんですね。悲しくな

りますね。あの写真は日本にとって屈辱の瞬間だったと思うのですが、あの

写真を見ても戦後生まれのわたしには愛国心の欠如か平和ボケなのか怒りの

かけらすらわいてこないんです。靖国問題で怒っている中国や韓国の人達と

はえらい違いです。硫黄島から生還した父はローゼンソールさんより5歳位

若いのですが、特養で今日も元気に暮らさせてもらっています。
posted by オバッカム at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

まいにち あついにゃ

なんで ねこ のこと 「ぬこ」 っていうの?

157_574111.jpg

たまには じゃれてみるか 

159_598511.jpg

それそれそれとって もうちょっとこっち

157_574611.jpg
posted by オバッカム at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

このごろは

台風10号のせいで風があってすごしやすいけど、にがうりは元気がありま

せん。大きいのが取れません

159_599411.jpg

スーパーで長崎産の立派なのが安かったので3つ買いました

159_599021.jpg

このごろはお風呂の調子も悪いんです。お湯が出ないのでガス屋さんを呼ぶ
とその時は直るので様子を見てるんですが私が入ったときは水シャワーかぶる破目になったり、夫のパソコン買ってまだ半年なのに2度も修理に出す破目になったりと不運続きです。もうふらふら


posted by オバッカム at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | にがうり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

終戦記念日やね

趣味わる〜とかキモ〜とか子供に言われるけどこの時期お盆はデスクトップ

は母のお墓にしてるんです。さすがに拝んだりはしてませんがね。

ちゃんと本物に手を合わせてきましたよ

でも将来的には有りかなと思うんですよ

靖国問題も難しいけどネット参拝なんちゅうのもええかもね

ところで私自身は戦争を知らないけどわたしの父は硫黄島の生き残り兵なん

です。「よく帰ってこれましたねえ」と人が父に言ったのに対して「でもけ

っこう帰りましたよ」って答えているのを聞いた記憶があります。たしかに

捕虜になって生き残った日本兵は1033人と書いてあるからまわりに千人

いればたくさんに見えたかもしれません。昭和20年2月19日アメリカ軍

が上陸してからすごい激戦 で日米あわせて約3万人があんな小さな島で亡く

なってるんやね。戦争の話はほとんどせず過ごしてきたけど最近になって実

家にあった硫黄島の戦記を電車で読んでみたのよ。サイパンからB29が東

京へ向かうとき途中で離着陸できる滑走路を作れるのは硫黄島以外になかっ

たから重要な拠点だったんやね。今でもそのままになっている遺骨が多数ら

しい。恍惚になりゆく父に聞くのは気が引けるけど聞くなら今しかないと思

い聞いてみた。硫黄島の地図見せて「お父ちゃんはどの辺から上陸した?」

と。父は西海岸を指し「この辺じゃったと思う、ちっちゃい島なんだよ」と

言う。きのうのことは覚えてなくても昔のことは覚えているんやね。西海岸

は波は高いが遠浅になってる。アメリカは西海岸の波の荒さを嫌い東海岸を

選んだけど予想以上多くの犠牲を出したんやね。日本軍は水際では抵抗せず

上陸し終わって海や上空から掩護ができなくなってから反撃にでたんよね。

栗林兵団長は兵員と弾薬をぎりぎりまで節約してアメリカに最大限の損害を

強いる作戦を立てたんやね。それでも生きて帰れることなど考えてあの島へ

行った人はひとりもなく現に日本側2万の将兵のほとんどが戦死している。

捕虜になった日本兵はいったんグアム島へ送られ船で本土へ戻ってきたとい

う。グアムではひとりづつ番号がつけられ父は「たしか700番代じゃった

と思う」と言っている。何はともあれ父は生きて本土へ戻り母と結婚して私

は生まれたんです。そこで例によってグーグルマップのサテライトで見てみ

ると、なんとこんな小さな島でもちゃんと画像がありましたすごいね。

iou1.jpg

硫黄島は南西諸島の南端にあり火山列島の一つで島には二つの火山がある。

南北に8キロ幅は中心部で4キロ、南端にすり鉢山、中心やや北に元山があ

る。今でも地表から硫黄ガスが出ているのが見えるね。今は飛行場の数も形

も変わってる。戦後23年目に返還されて今は自衛隊が管理しているらし

い。もっと近づいて見ると建物や駐車場やタンクなどが見える。島には一本

の川も流れていない。当時は5つの井戸や数百の貯水槽があるものの2万人

分の水はとても足りなくて想像を絶する水の苦労があったに違いない。

日本軍が最後追い詰められた最後の拠点でもっとも難攻不落だった北の岬に

近づいてみるとなるほど砕かれた溶岩で無数の溝で刻まれてる。この間に機

関銃、追撃砲、小銃陣地を築いてたんやね。アメリカはどこから弾が飛んで

くるのか識別不能で相当悩んだんやね。

iou2.jpg

父は島についたその日から穴掘りの毎日で決して明るいうちに外へは出して

もらえなかったと言っていた。父は中国から帰って2度目の召集で硫黄島へ

行ったけれど九州の故郷へ帰ると自分の遺骨が先に届いていたという。それ

を自分で役場へ返しに行ったと聞いてまだ小さかった私は「ええっ自分の骨

自分で返しに行ったん?」と言ったら母が「そんな器用な人間いてへんわ。

遺骨ってただの箱やで」と言ったのを覚えている。(愛国丸で戦死した母方の

叔父もやっぱり箱だけです)。当時は夫や息子を亡くした家ばかりだったので

生きて帰れても良かったと大喜びなどできず「死にぞこない」と陰口された

りもする風潮だったらしい。その後父は大阪へ来て母と知り合い結婚したの

です。  

ネット上には4度も召集されて硫黄島から生還し手記を残してる人もいて読み

ふけてしまった。水際無抵抗作戦に反対しアメリカ軍が上陸する前に本土へ

転勤になった和智大佐が島に残して戦死した部下を悼んで戦後僧侶になって

硫黄島協会を作って遺骨収集したり40年後日米の生き残り兵の名誉の再会

に尽力した話やそのとき元アメリカ兵が連れてきた孫がその様子を見て感動

しレーガン大統領あてに出した「平和への手紙」がコンテストでグランプリ

を受賞した話など戦争にまつわる話はわらわら出てくる。でも戦争で死んで

いった人を思うとどんな美談も空しいだけよ時間は巻き戻せないんだからね
posted by オバッカム at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

このごろは

この前の台風7号の影響はまったくありません だけど

159_590811.jpg

毎年だけど、中だるみというか、よくとれた後ちょっと元気がなくなる時期があります

159_590111.jpg

水やりで土がへたって根が出てきたりする

159_590411.jpg

素人栽培で何もわからないので根っこに土をかぶせて、肥料を少し足しておくぐらいです

159_591011.jpg

色も白っぽくてちょっと元気ないのがとれたわ

159_590511.jpg

せみが死んでる デジカメで撮ってみると 生きてるみたいやね
posted by オバッカム at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | にがうり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

直木賞で有名な


小学校時代の友人から暑中見舞いをもらいました

私達が卒業した小学校はあの直木賞で有名な直木三十五が学んだ学校なので

す。その小学校は少子化で廃校になり今は公園になっていますが、その横に

直木記念館が出来たとの事です。私達が在校中はなぜか直木三十五の母校で

あることを知らなかったんです。しかもその友人のお祖母さんが住んでいた

家が直木三十五の実家の隣であったことが今になってわかっておどろいてい

るとのことでした。そこでさっそく電話して状のお礼かたがた近況のやりと

りなどし、涼しくなったら会って一緒に記念館に行こうと約束しました。

なつかしいなあ。行くときは絶対デジカメ持って行こうっと。
posted by オバッカム at 22:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

緑を求めて


緑のあるところへ行ってみようと午後から車で約15分矢田山遊びの森へ行ってみました

157_576311.jpg

影がなかったら暑いと心配したけれど、わりとあったよ。
でもこんな暑い時に来たのははじめて。人も少ないわ

157_576911.jpg

ほんとにトトロが出てきそうな森やね

157_577111.jpg

ゴルフ場ができる予定だったのが住民運動で公園に変わったってうわさで聞いてるけどそんな感じやね。
まるでゴルフ場やね

157_578311.jpg

もののけ姫も出てきそうやね

夜は近所の花火を見に行きました

158_584411.jpg

去年は家で見てたけど今年は頭の上から降ってくるようなのを見たくなったので蚊取り線香とデジカメ持って郡山城跡まで歩いて行きました

158_587411.jpg

ほんとに上から降ってくるみたいよ
家では花火の音でにゃんこ達おびえきってるだろうね

158_588911.jpg

フィナーレはみんな歓声と拍手で満足して帰っていきました。
posted by オバッカム at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

今日は、下駄作り 

156_561011.jpg

8X2ミリのこんな板を短く切って
(切るというよりカッターで傷つけて折る)

idoll11.jpg

まわりをヤスリですって穴をあけてっと

157_570311.jpg

3X3ミリの板で下駄の歯をつける

157_5705111.jpg

色を塗って

157_570811.jpg

悩んだ末鼻緒をつける

157_573011.jpg

置いてみるとこんな感じ

157_573311.jpg

リーメントの和雑貨の下駄を置いてみると

やっぱりジャイアント馬場サイズやね
posted by オバッカム at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ドールハウス・ミニチュア・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

それにしても今日の結果は?


梅雨があがってにがうりはいっぱいぶら下ってます

157_571411.jpg

ちゃんとさがさないとすぐ熟れすぎてもう

157_571711.jpg

こうなってしまう

157_572011.jpg


それにしてもボクシングの判定ってむずかしいんやねえ

素人としては納得でけへんねんけど今日の世界ライトフライ級王座決定戦

みなさんはどう思います
posted by オバッカム at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | にがうり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票ボタンです→blogram投票ボタン